097-537-1233予約制
  1. トップページHOME
  2. 診療案内MEDICAL
  3. 治療費用についてPRICE
  4. 診療時間・担当医表TIME/DOCTOR
  5. スタッフ紹介STAFF
  6. アクセスACCESS
  1. 電話【予約制】
  2. メニュー
医療法人 小幡歯科

被せ物とは

被せ物

「被せ物」とはむし歯などの治療で削った部分に金属やセラミックなどの被せ物や差し歯をつける歯科治療を言います。
また「詰め物」は比較的軽度のむし歯に用いる歯科治療です。
被せ物には保険診療できるの素材と保険外診療(自費)の素材があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
小幡歯科では強度やアレルギーの有無、審美性(見た目)や機能面、費用など、あらゆる面から患者さまのご希望を伺い、ご満足いただける歯科治療を行います。

保険診療

金属冠(銀歯)

全体が金属でできている、一般的には「銀歯」と言われ、従来の歯科治療で多く用いられてきました。

メリット:強度がある、どの歯にも使用できる、保険適用で安価
デメリット:見た目があまり良くない、時間経過による歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの可能性あり

硬質レジン(歯科用プラスチック)

レジンという歯科用のプラスチックでできた被せ物です。金属は使用していません。

メリット:歯の色に近い、金属アレルギーの心配がない
デメリット:変色しやすい、割れたり、すり減りやすい

前歯:硬質レジン前装冠

中身は金属で見える部分がレジン(歯科用プラスチック)でできているものです。
金属を使用している為強度があります。

メリット:見た目が歯の色に似ている、保険適用で安価
デメリット:変色する、すり減りやすい、汚れがつきやすい、

CAD・CAM冠

CAD・CAM冠は、透明感のある歯の色と優れた耐久性をあわせ持つ素材です。
従来は歯科技工士によって作製していたものをレジンブロックをコンピュータで削りだして作製されるもので、プラスチックに比べ強度が高いのが特徴です。

メリット
保険適用で比較的安価
見た目が歯の色に似ている
天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくい、
あごへの負担が少ない
金属アレルギーが起こらない

デメリット
保険適用内だと、前から4,5番目(下の歯のみ前から6番目)の歯にしか使えない
年数が経つと、変色する
歯の色は白いが、色が単調

保険外診療(自費治療)

ジルコニア

ジルコニアは金属を使用せず、セラミックだけで作られた被せ物です。
天然歯の色と輝きがあり、透明度が高く、最も天然の歯に近い人工歯といわれています。
これまでのジルコニアは透明度が低く、前歯の審美歯科治療には不向きと言われてきましたが、歯科技工の技術や適合精度の向上などによって、以前よりも審美性が高く、より自分の歯に近い自然な歯に近づけることが出来るようになりました。

e.max (歯全体に被せる治療)

e-maxはオールセラミックの一種で特殊なセラミック素材で作られた被せ物です。
特徴としては天然歯ように美しく、変色しにくく、一切金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。

セレックシステム

セレックシステムとは従来のように歯型を取って、修復物を作る方法とは異なり、天然歯に近い色・質感を持つセラミックブロックを使用し、 コンピューターで設計・加工。 短期間での審美歯科治療を可能にしました。
※症例により異なる。

セレックシステムによる審美歯科治療の流れ

1. スキャン(型取り) 歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影します。

2. 修復物設計 コンピューターの3D画面上で修復物を設計します

3. 修復物作製 機械を使い設計をもとに加工します

4. 口腔内セット 口腔内へセットして治療完了です

メタルボンド(MB)(歯全体に被せる治療)

セラミック素材を金属の枠組みに焼き付けて作られている被せ物です。
金属で補強しているので耐久性があり、奥歯の被せ物やブリッジの歯科治療に用いられることが多くあります。
変色しにくいので、歯が変色して自然な歯が欲しい方や歯並びや噛み合わせを短期間で整えたい方におすすめです。
治療後に新たに出来たむし歯や、強度の低下で被せ物や詰め物が取れる事があります。放置していると新たな歯のトラブルの原因になります、定期的な歯科検診を心掛けましょう

  1. 診療案内
  2. むし歯・歯周病
  3. 入れ歯
  4. 被せ物
  5. 予防歯科・定期健診
  1. インプラント
  2. 審美歯科・ホワイトニング
  3. 小児歯科
  4. マウスピース
  1. トップページ
  2. 治療費用について
  3. 診療時間・担当医表
  4. スタッフ紹介
  5. アクセス
top