097-537-1233予約制
  1. トップページHOME
  2. 診療案内MEDICAL
  3. 治療費用についてPRICE
  4. 診療時間・担当医表TIME/DOCTOR
  5. スタッフ紹介STAFF
  6. アクセスACCESS
  1. 電話【予約制】
  2. メニュー
医療法人 小幡歯科

むし歯・歯周病

むし歯・歯周病

むし歯ができる原因

むし歯の治療で歯科医院でつらい経験をしたことがある方も多いと思います。
そのむし歯の原因はむし歯菌といわれる「ミュータンス菌」、食べ物に含まれる「糖質」、「歯の質」の3つの要素と時間経過によってむし歯ができてしまうと言われます。
磨き残しによる歯垢の中に菌が含まれていて、食べ物の糖分やたんぱく質をその菌が分解する際に「酸」を出し歯の成分が溶けてむし歯になります。

むし歯の進行と治療方法

むし歯の段階はC0からC4までの段階で分けられます。
  1. 「C0」歯の表面が溶け始めている、むし歯の前兆。自覚症状はありません。
  2. 「C1」歯が黒や茶色くなります。自覚症状はほとんどありません。
  3. 「C2」C1よりも進行した状態、冷たいものがしみたり症状が出てきます。
  4. 「C3」C2よりもさらに神経まで進行した状態、噛んだりすると痛み、何もしなくても痛みが生じる事もあります。
  5. 「C4」ここまで進行すると神経が壊死してしまい、痛みがなくなります。膿がたまりはじめると再び痛みが生じます。
初期の段階では自覚症状もなく、この段階で歯科医院を受診すれば治療も簡単で、歯を削らずに済む場合もあります。進行してくると「痛い」「しみる」などの症状が現れ、麻酔をし歯を削ったり、詰め物や被せ物が必要になります。神経まで達すると痛みを感じなくなりますが放置してはいけません。重度の場合は抜歯をして入れ歯やブリッジなどが必要になります。
一度できたむし歯は自然に治りません、手遅れにならないよう、早めに歯科医院での治療が大切です。
小幡歯科ではむし歯にならない為の予防歯科、治療後の歯科検診などを重視し、歯の健康維持をサポートしています。

歯周病の原因

今や「歯を失う原因」第1位と言われている歯周病。成人の約8割が歯周病に感染していると言われています。歯周病はお口の病気だけにとどまらず、脳梗塞、心筋梗塞などの血管疾患、糖尿病の悪化などあらゆる病気のリスクを高め、体全体の健康に悪影響を与えることがわかってきました。
主に歯周病の原因は「細菌」です。歯垢(バイオフィルム)や歯石に潜む歯周病菌が毒素を出し炎症を起こし歯周病となります。また、歯周病リスクを高める要因に喫煙やストレス、合っていない被せ物などもあります。
歯周病は痛みなども無く気づかない間に進行していきます。痛くなって歯科医院へ行くではなく、日頃から歯科医院でお口のチェックをしておくことが歯周病予防には不可欠です。

歯周病の進行と治療方法

「軽度歯周病」

石灰化してしまった歯垢や歯石は歯磨きだけでは落とせない為、歯科医院専用の器具で徹底して落としていきます。スケーリング(歯石取り)と言います。

「中度歯周病」

中度まで進行している状態だと、歯茎の奥や歯周ポケットにも見えない歯垢や歯石が付いていることがあります。

「重度歯周病」

重度まで進行した歯周病は、歯垢や歯石を取り除くだけでは改善されない場合があります。歯がぐらつき始めたり、膿が出るなどの状態の場合は抜歯など外科的な処置も必要になります。
歯周病の治療は進行の程度にかかわらず歯周基本治療から始めます。まずは原因である歯垢(プラーク)の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。
歯垢を除去することをプラークコントロールといい、ほとんどはご自宅でのブラッシングとなりますが、予防や治療には歯科医院専門の器具を用いた処置が不可欠です。

むし歯や歯周病は細菌による「感染症」です。予防しなければ再発を何度も繰り返してしまいます。
一度治療したら終わりではなく、継続して歯科医院でしっかり経過観察し、メンテナンス、歯科検診、予防歯科を実践し再発しない様にしましょう。

小幡歯科では歯科医師、歯科衛生士が患者さまにあった予防方法でクリーニングやブラッシング指導などのアドバイスを行います。

  1. 診療案内
  2. むし歯・歯周病
  3. 入れ歯
  4. 被せ物
  5. 予防歯科・定期健診
  1. インプラント
  2. 審美歯科・ホワイトニング
  3. 小児歯科
  4. マウスピース
  1. トップページ
  2. 治療費用について
  3. 診療時間・担当医表
  4. スタッフ紹介
  5. アクセス
top