小幡歯科

歯は一生モノです。虫歯・歯周病は早めの治療を。歯のお悩みはお気軽にご相談ください。

審美歯科

むし歯とは

トップページ > むし歯・歯周病
虫歯・歯周病

むし歯とは酸によって歯が溶かされてしまう病気のことです。人間の口内は様々な菌がいますが、中には虫歯菌と呼ばれる酸を出して歯を溶かす菌もいます。その酸が歯を溶かすことを脱灰といいます。

そして、唾液にはその酸を中和するような効果があり、脱灰した歯を修復する効果もあります。この細菌による脱灰と唾液による再石灰化のバランスが崩れてしまうと虫歯はどんどん進行してしまいます。

虫歯菌とは

虫歯菌

口の中にはミュータンス菌という細菌がいます。このミュータンス菌は糖質を材料に酸を作り歯を溶かします。完食が多かったり歯磨きの磨き残しがあるとこのミュータンス菌は活発になり、結果として脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、虫歯になってしまいます。

むし歯の原因

  • 歯磨きがきちんと出来ていない
  • 間食が多い
  • 虫歯菌の数が多い

むし歯の治療

虫歯の段階はC0からC4までの四段階で分けられます。虫歯の進行具合にもよりますが、小さなものであれば詰め物をし、大きなものであれば被せ物をする必要があります。

歯周病とは

歯周病とは歯の周りの歯周組織に炎症が起こっている病気の総称となります。炎症が起きているのが歯肉だけの状態なら『歯肉炎』。炎症が歯槽骨や歯根膜にまで広がっている状態なら『歯周炎(歯槽膿漏)』となります。
歯周病にはこれといった痛みもなく、それでいて静かに進行していきます。歯茎が腫れ、気が付いたら歯を支えている歯槽骨まで吸収されて、歯がぐらつくようになり、最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

  • プラーク(歯垢)
  • 歯石
  • 歯ぎしり
  • 喫煙
  • ストレス

歯周病の治療

歯周病の治療は進行の程度にかかわらず歯周基本治療から始めます。まずは原因である歯垢(プラーク)の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。
歯垢を除去することをプラークコントロールといい、ほとんどはご自宅でのブラッシングとなります。
ただ、歯石については歯ブラシでは取り除くことが出来ないため、当院まで足を運んでいただく必要があります。

あなたの歯のお悩み
まずはご相談下さい

ご来院受付時間

ご来院のご予約はこちらから

097-537-1233