小幡歯科

予防歯科・定期検診。大切なのは虫歯や歯周病などにかかる前に予防することです。

マウスガード

予防歯科とは

トップページ > 予防歯科・定期検診

予防歯科とは虫歯や歯周病になる前に予防することです。『歯が痛くなったから歯医者に行く。』『歯がぐらつくようになったから歯医者に行く。』その繰り返しで二度と生えて来ることのない永久歯を失ってしまいます。

初期虫歯の【C0】の状態では歯を削ったり、埋めたりといった直接的な治療は必要ありません。 ですが、その状態から放置してしまうと歯に穴が空き始め、次第に歯の一部が黒くなっていき、痛みを感じるようになります。

そうなってしまうと虫歯の部分を削ったり、削った部分を人工的なもので埋めたりといったことをする必要が出てきます。
当然そのようなことを繰り返すと歯を失ってしまうことになります。
そうなってしまう前に定期検診へ行きましょう。

虫歯の進行度

  • CO:表面に白濁もしくは着色のある要観察歯
    痛みなどは特にない初期虫歯
  • C1:エナメル質が脱灰した初期の虫歯
    痛みなどは特にない初期虫歯
  • C2:象牙質まで進行した虫歯
    冷たいものや甘いものを食べると歯がしみる
  • C3:歯髄まで進行した虫歯
    何もしていなくても虫歯部分がズキズキとした痛むようになる。
  • C4:歯の根だけが残った状態
    神経が死んでいることが多いので痛みを感じなくなる。

虫歯の進行度はC0からC4までの段階で分けられます。C0の場合は痛みもなく、見た目にも分かりにくいため自身で気づくことが難しいです。しかし、そのまま放置してしまうと歯に小さな穴が空き、気付けば冷たいものや甘いものを食べた際に痛みを感じるようになります。

定期検診の必要性

定期的に歯医者へ足を運び、診察してもらうことでC0などの初期虫歯の治療を行うことができます。C0の虫歯治療は歯を削ったり、削った箇所に何かを詰めたりする必要はありませんが、C1からの虫歯は虫歯部分を削る必要があります。虫歯もC0の状態で治療をすることが出来れば今後歯がなくなってしまうような心配はありません。

また、歯周病の治療を行った患者様にとっては定期検診が歯周病治療の仕上げとなります。歯周病治療によって歯周病菌が激減しても日々の歯磨きなどが良くなければ再び歯周病菌が増え、結果として歯周病になってしまうこともあります。
歯周病は歯を失ってしまうリスクが高い病気です。
歯を失わない為にも、歯周病治療後も必ず定期検診に通いましょう。

予防歯科・定期検診

  • むし歯のチェック
  • 歯周病のチェック
  • 治療後の経過や初期むし歯の確認
  • 毎日の歯磨きがきちんと出来ているかのチェック・指導
  • 歯石など歯磨きで取れないものの除去
  • 歯面や歯周ポケットの中など、患者様自身では落とせない部分の洗浄

あなたの歯のお悩み
まずはご相談下さい

ご来院受付時間

ご来院のご予約はこちらから

097-537-1233