小幡歯科

入れ歯・被せ物も自然歯に近い美しいものをお選びいただけます。

被せ物

被せ物とは

被せ物とはクラウンと呼ばれ、は英語で「王冠」を指す歯科用語です。虫歯などの治療で削った部分にする金属やセラミックなどのかぶせ物や差し歯のことを言います。

クラウンの材質は様々なものがあり、保険でつけられるものから自由診療でつけられるものなど様々です。審美性の高いものでも治療の部位によっては付けることが出来ますので、お気軽にご相談ください。

被せ物治療について

被せ物(クラウン)治療は削った歯の状態によって変わってきます。
歯の欠損が大きい場合、クラウンをかぶせるための土台(コア)を作ります。
土台となる歯(支台歯形成)を作ったら、歯形を取り、歯形にあった冠を作成し、支台歯にかぶせれば治療完了です。

最新の被せ物治療

被せ物(クラウン)で一般的なものはいわゆる【銀歯】だと思われます。しかし、銀歯は審美的に優れているものとは言えません。

小幡歯科では『被せ物はしたいけど、見た目が良いものを付けたい』という患者様に見た目の良いクラウンをご提案させていただいていおります。
詳しくは下記をご確認ください。

あなたの歯のお悩み
まずはご相談下さい

ご来院受付時間

ご来院のご予約はこちらから

097-537-1233